黒人歴史強化月間〜偉人ファイル02〜

最終更新: 3月6日




マージョリー・スチュワート・ジョイナー

(1896〜1994)


黒人女性初の特許取得者

1896年にヴァージニアで、奴隷とその雇用主の白人との孫娘として生まれた。1912年に美容師を志し、シカゴへ行きモーラー美容学校で黒人女性として初の学士号を取得。そこでマダム C.J. ウォーカーと出会い、その後彼女の元で国際的指導者として200もの美容学校で働いた。

1928年にコテで少しづつナチュラルヘアをストレートにするよりももっと簡単な方法がないかと模索し、パーママシーンを発明し黒人女性で初めて特許を取得した。



彼女が発明したパーママシーンは、髪の毛をロッドに巻き、熱を通して『料理』するもの。

その革新的なアイデアは、縮毛だけでなくストレートヘアにも作用し、数日間保つため人種を問わず大流行した。

どこでそのアイデアがひらめいたかと言うと、まさに料理中。ポットロースト(蒸し焼きローストビーフ)を作っている時で、肉を支えて内側から熱を加えている串を見て『これだ!』と思いつき、すぐに16本のロースト用の串をフード付きヘアドライヤーに取り付けてみたのだった。

残念ながら、発明したのは彼女だが特許はマダム C.J. ウォーカーの会社の名前で申請したので彼女には一銭も入らなかったらしい。


©️H.B.A JAPAN ⚠️この記事はH.B.Aオリジナルで無断転載、転用、引用禁止です。

Subscribe Now

Stay in Style

web上に記載されている文面、写真や動画のコピー、無断転載転用及びテキスト教材の第三者開示転売を禁じます。

© 2020 by Hair Braiders Association JAPAN. 

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • HBA BEAUTY ACADEMY INTL