コーヒーで髪が伸びる!

最終更新: 5月5日

数年前にビューティーワールド(都内で開催されている美容系エキスポ)でコーヒースクラブというフェイシャルマッサージの商品を見て『ヘ〜〜〜』と思いましたが、

最近は『コーヒーオイルトリートメントをしたら髪の毛が伸びた!』『カフェインが頭皮と髪にいい』という記事を見つけたのでリサーチしてみました。


確かにコーヒースクラブ(Coffee scrub)を自作して試した時は、カフェインで皮膚が刺激されて血行が良くなった”気”はしたけど、果たして髪にはいいのかな・・・


髪の毛と皮膚はたんぱく質から作られていますが、皮膚はコラーゲンたんぱく質で髪はケラチンたんぱく質でできています。肌に良いものは髪にも良いはず。

では、Youtubeで実際に紹介している人たちのレビューをみてみましょう。


カフェインは脱毛を防いで、毛包を刺激し、血行を良くしてくれるので発毛を促進してくれるそう。髪は柔らかくなりつつも艶も出て太く強くなるそうです。Maryamさんが作って塗布したのは、コーヒーウォーターで塗布後一晩そのままで翌朝シャンプー。


コーヒーウォーターの作り方

1. ぬるま湯にコーヒーをティースプーン3杯いれる。

2. 混ぜてボトルにいれる。

3. スプレータイプでもアプリケーションタイプでもOK


彼女が動画でも言っていましたが、ちょっと前はライスウォーター(米のとぎ汁)で髪が健康になる・伸びると人気でした。私も顔に試してみました(髪でなくてすみません)が、確かに弾力性も出て良いのですが、結構臭いが。。。。

コーヒーウォーターの方が良いとオススメしてますね、Maryamさんも。


手間はかかりますが、コーヒーにオイルを混ぜてカフェインオイルを作って使用している人もいました。頭皮や髪が乾燥している人にはこちらの方が効果ありそうです。


コーヒーオイル(カフェインオイル)の作り方

1. 1/2カップのオリーブオイルに1/4カップのコーヒーを入れて混ぜ瓶に入れる。

2. 鍋にお湯を張って、瓶ごと入れて2時間煮立てる。

3. 2を冷ましたらビタミンEオイルを数滴入れて混ぜる。

4. 容器の蓋をしめて一晩寝かせる。

5. 濾し器で濾してアプリケーションボトルに入れる。


*オリーブオイルじゃなくてもお好みのオイルで良いと思います。ココナツオイル(低温で固まるので寒い時期はNG)、グレープシードオイル、アルガンオイル、ホホバオイル、キャスターオイル、椿油も頭皮に良いオイルです。

どのオイルもビタミンEは入っているので、数滴入れなくてもOK。

顔に使っても良し!抗酸化作用もあるのでアンチエイジングにも効果あり。


コーヒーの色素で若干髪が染まるらしいので、白髪ぼかしにも良いそうです。なので、髪を明るく染めている人にはオススメできません。

ちなみにインスタントコーヒーでは、効果が出ないとのことでした。

Subscribe Now

Stay in Style

web上に記載されている文面、写真や動画のコピー、無断転載転用及びテキスト教材の第三者開示転売を禁じます。

© 2020 by Hair Braiders Association JAPAN. 

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • HBA BEAUTY ACADEMY INTL