ジャケ写で巡るBlack Hair史 vol.1~60's~

最終更新: 3月31日




2009年発行のヘアカタログで私が書いた記事が我ながら面白かったので、記事を少し現在まで付け足して新たにこのブログにてシェアします!


私たちが今カッコイイと思っているコーンロウやブレイズやドレッドはいつどうやって生まれてきたのだろう?アフリカから奴隷としてアメリカに連れて来られて、1960年代に公民権運動が盛んになるまで封印されていたナチュラルヘア、ブレイズやコーンロウなど、ブラックヘアの変化をなじみのある音楽や映画で振り返ってみよう!


-60's-

60年代「Black Is Beautiful」を合言葉に世間ではアフロスタイルが大流行したのは、HBAブログで何度か紹介したので、知ってるよっていう読者がほとんどだと思います。


しかし、音楽業界ではいわゆる"スタンダードビューティ"とされていてヒップ!なストレートヘアが流行。

白人ウケするように男性もJames BrownやLittle Richardのようにリラクサー(縮毛矯正)でカールを伸ばしてポマードでなで付けるconk(コンク)というスタイルをしたり、The SupremesやAretha Franklinなど女性陣はストレートのウィッグをかぶっていた。今現在でもMade in Japanのエクステは質が良くて人気が高いが、この頃のウィッグもMade In Japanが人気だったそうだ。


映画『Malcom X』のマルコムがピンプ時代に髪をコンクにしているシーンをご覧下さい↓↓↓

















Subscribe Now

Stay in Style

web上に記載されている文面、写真や動画のコピー、無断転載転用及びテキスト教材の第三者開示転売を禁じます。

© 2020 by Hair Braiders Association JAPAN. 

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • HBA BEAUTY ACADEMY INTL