〜ブレイズ用ファイバー素材の違いを知る〜

最終更新: 3月6日


■ H.B.Aブラックヘア知識編06 ■


以前からブレイズをする時はカネカロン100%を使用した方がいいよーとおすすめしてきていますが、カネカロン素材にも種類あるのはご存知ですか?

数年前から、Xpressionというブランドのファイバーが日本でも出回ってきているので、なんかこのカネカロン違うぞと感じた事がある人もいるかも知れません。

ここで少しそれぞれの特徴を説明します。


Afrelle(アフレール)→ワッフル加工が細かく、細い。ゆえに、ソフト。*慣れないと細いので絡まりやすい。アフリカではほぼこちらのカネカロンが使われています。Xpressionはこの素材です。


Tiara II(ティアラツー)→ワッフル加工が大きめ。ハリ、コシがある。アフレールに比べて太い。ゆえに固め。


日本で多く販売されているのはティアラ2の方、またはそれの加工品か模倣品です。


どちらも本物のカネカロン100%なら熱加工がきれいにできます。


ファイバーを購入する時の参考にしてみてください❤️

©️H.B.A JAPAN ⚠️この記事はH.B.Aオリジナルで無断転載、転用、引用禁止です。

Subscribe Now

Stay in Style

web上に記載されている文面、写真や動画のコピー、無断転載転用及びテキスト教材の第三者開示転売を禁じます。

© 2020 by Hair Braiders Association JAPAN. 

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • HBA BEAUTY ACADEMY INTL