〜アフロコームの歴史〜

最終更新: 2020年3月6日



1970年代のアメリカで公民権運動が盛んな頃、それまでは封印されていた地毛のテクスチャーをあえてアピールするアフロヘアが流行しました。このムーブメントは、単にオシャレとしてではなく黒人としてのアイデンティティを誇示するため✊そこでアフロヘアをキープするためのアフロコーム(アフロピック)も必然的に大流行。そのアフロコームを髪に刺しているのも当時は政治的な意味もありました👍

2枚目の画像右は約5500年前のエジプトで発見されたアフロコーム。左は、公民権運動の象徴の拳とピースマークモチーフを入れたアフロコームで1976年に特許を取得したものです🙌 .

.


.

©️H.B.A JAPAN ⚠️この記事はH.B.Aオリジナルで無断転載、転用、引用禁止です。

Hair Braiders Association Japan® 

***Hair Braiders Association Japanは商標登録第6321740号を取得しています.​。***

類似している団体もありますが、当協会とは一切関係ありませんのでご注意ください。

277-0021

​千葉県柏市中央町5-14-7  カワシマビル3F

info@hbajapan.com

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • HBA BEAUTY ACADEMY INTL

© 2021 by Hair Braiders Association Japan ®created with Wix.com